京都・大阪・奈良のWebを成長させるホームページ制作pules designing

SEOは一目ではわかりにくい作業ですから疑問を感じられるのは当然だと思います。ここではpulesのSEO診断について頻繁にお問い合わせいただく内容をまとめました。

SEOを行うメリットは何ですか?

CPO(1オーダーあたりのコスト)が安い
Google Adwordsなどに代表されるコンテンツターゲット広告とは異なり、クリックされてもコストはかかりません。

ウェブサイトは検索エンジンに最適化した目的志向のウェブサイトとなりますから、調べ物をしていたユーザーにとっても最良の結果を提供することができるというわけです。

訪問ユーザーの精度が高い
ウェブサイトは、顧客が関心を持つキーワードの検索結果に表示されることになります。一概に販売につながるとは言い切れませんが、訪問数増加による売上増加が期待できます。

SEOをすると、お問合せが増えますか?

まず、お問合せの回数は簡単な計算式で表すことができます。
お問合せを成約とみなすと、
お問合せ回数=ホームページの閲覧回数x成約率
となります。

SEOを行い、順位が上がれば、多くの場合ホームページの閲覧回数を増やすことになります。
成約率に変化がない程度の内容構成であればお問合せ回数は増えます。

ただし、成約率が低い状態で閲覧回数が少し増加するだけなら効果が見えにくいでしょう。

例えば1ヶ月のホームページの閲覧回数が100⇒200に増加、成約率が0.6%のままとすると、
お問合せ回数は0.6⇒1.2に変化するだけで、過去にも月に1回お問い合わせがあった場合もありますから気付きにくいでしょう。

SEOのデメリットは何ですか?

初回の施策後に時間がかかる
Google Adwordsなどによる広告とは異なり、即座にアクセス(トラフィック)に影響することはありません。検索エンジンがウェブサイトの順位更新をするには数週間かかる場合があります。トラフィックが顕著に増加するまでは、1〜6ヶ月かかることがあります。

新たに立ち上げたウェブサイトには非効率
検索エンジンは、ドメインの古さも計算しているため、新しいウェブサイトは以前から存在しているウェブサイトに対抗することはできないと言われています。このような理由から、新しいウェブサイトについては、相互リンクやPPC広告などの他の施策も併用する必要があると考えています。

ウェブサイト最適化の難易度が高い
検索アルゴリズムに基づいたウェブサイトの最適化は、サイトのインデックス化と検索結果の評価の基礎となる原理を理解し、上位表示を達成するための手法や実践的なスキルを身につける必要があります。

変化する検索エンジンのアルゴリズムに依存する
検索エンジンの目的は、ユーザーにより良い検索結果を提供することです。しかし、ご存知の通りいくつものスパムサイトも含まれています。現在は2005年に存在していた検索エンジンの原理とは大きく異なります。この検索エンジンのアルゴリズムの変化により、定期的(およそ1ヶ月ごと)にSEOの手法のアップデートが必要となります。

SEO業者を選択する際の基準は何ですか?

素早く長期的に安定した成果を出す信頼できる業者を選択されるべきです。

時間
最初の顕著な結果(訪問数やネット販売数の増加)につながるにはは6ヶ月かかるかもしれませんが、SEOの作業期間に関しては少なくとも2〜3カ月以内でやってくれることを期待するべきです。

価格
非常に競争力のある分野は、高額になることが予想されます。一般的に、販売競争は、事業の収益性によって決定されます。収益が大きいものほど競争が激しいのです。例えば、「業務用冷蔵庫」は競争力がありますが、「花」はそれほどでもありません。

透明な関係性
関係の透明性は必要です。明確な見積価格とSEO戦略、詳細で有益なレポートなどは必要でしょう。

私は自分でSEOを行うことができますか?

もちろんあなたはSEOを行う方法を学ぶことができます。
しかし、実際の戦略を学び、それらを適用するだけの時間を費やす必要があります。

なぜ、pulesのSEO診断を選択するのが良いのですか?

pulesのSEO診断では成果報酬が発生しないため、マーケティング予算、時間に対する効果が高く、御社の価値向上を提供することができるからです。

どのくらい結果を待つべきでしょうか?

順位変動は新規サイトの場合はドメインが若いこともあり、6ヶ月程度要しますが、既存サイトであれば3ヶ月以内で一定の結果が期待できます。

pulesのSEO診断はどのようにして開始するのですか?

こちらからお申し込みいただけます。
お申し込みは今すぐこちら