pules designing

pules designing – データに強い千葉のWebサイト運用代行

ブログ

レンタルサーバの選び方

「サーバを借りないといけないの?」「サーバってどんなもの?」「サーバって高くないの?」
これらは私がお客様からHP作成を請け負うときにお聞きした疑問です。

専門家の方からすると抽象的な表現にはなってしまうのですが、
「サーバというのはHPのデータを保管するパソコンのようなもので、買うか借りるかしないといけません。
業者はたくさんあるのですが、安いものだと月500円ぐらいから借りることができます。」という感じでお答えしています。

サーバを自分で買って構築するとなるとセキュリティリスクを保有することになります。
一方、借りる場合にはサーバの運用部分に関してはセキュリティリスクを業者に預けることができます。
とはいえ、自分のパスワードが甘かったり、自分の管理上のミスの場合は例外です。

ただ、自前で用意するよりは専門的な知識も不要で、安全に運用できるので、基本的にはレンタルをお勧めしています。

選び方のポイントとしては、既に作ったアプリケーション等がある場合には、そのアプリケーションが動く環境であることが最低条件です。
例えばWordPressを使ってHPを運用する場合には、WordPressはPHPとMySQLが動く環境であることが推奨されているので、サーバ管理会社のHPのスペックを見て、これらが満たされているかを確認します。

次にセキュリティリスク、料金と性能を確認します。
先ほどセキュリティリスクをサーバ管理会社に預けられると書きましたが、残念ながら中には情報漏洩したサーバ管理会社も存在します。
契約する前にYahooやGoogleでサーバ管理会社の名前で検索してみてください。
ブランドを変えて運用して、また同じ過ちを犯しているケースもあります。

満足いくサーバ管理会社が見つかったら契約です。
費用と性能はトレードオフなのですが、会社のHPを設置する等、システム上難しいことをしない場合は月500〜1000円のプランで良いと思います。

最後にオススメのサーバ管理会社をお伝えして終わりにします。

さくらのレンタルサーバ
システムに強い印象があります。
PHP7導入や、高速Webサーバーnginx導入等により WordPressが従来より最大16倍に高速化しました。

[制作実績]日比谷花壇様

ポイント

日比谷花壇様の既存サイトをWordPressに移行する作業を担当しました。
元々静的ページとオリジナルCMSでできたサイトを持たれていましたが、
自分で簡単に更新・追加ができるようにWordPressに移行したいということでした。

オリジナルCMSでできた部分も問題なくWordPressに取りこむことができ、スムーズに作業が完了しました。

ピアラシティ
http://www.piala-city.jp/ 制作期間:約4週間

ご利用サービス

HTMLホームページのWordPress移行(プレミアム)をご利用になられました。

[制作実績]ぽん鍼灸院様

ポイント

ぽん鍼灸院様のホームページをリニューアルさせていただきました。
元々はテンプレートベースのホームページを保有されていましたが、カスタマイズが難しく、スマホ用とPC用で分かれていたので、WordPressでレスポンシブウェブデザインにしたいということでお問合せいただきました。

簡単に予約のお問い合わせができるよう電話とお問い合わせフォームへの導線は確保しつつ、
優しい雰囲気と豊富な実績がホームページに現れるようにまとめました。

[制作実績]ぽん鍼灸院のホームページ
ぽん鍼灸院

http://www.ponshinkyuu.com/ 制作期間:約4週間

お客様の声

以前はHPソフトの性能上、ページを増やすと、ソフトの機能が重たくなっていました。
そのため、ページを増やす代わりに、どれかページを減らした方がいいのかと考えていました。
しかし、ご提案いただいたワードプレスはそんなこともなく、使いやすくて良いのではないかと思い、お願いしました。

大変お手数おかけ致しまして、ありがとうございました!

利用サービス

ホームページ制作プレミアムプランをご利用になられました。

TensorFlow.jsの環境だけ整いました。

TensorFlow.js使ってみたいというか使い始めないとマズイという強迫観念にかられてまずは開発環境だけ整えました。

今回、特に大したことはやっていません。
上のリンクにあったGetting Startedのコードを動かせるようにした程度です。

今回は特に難しいこともありませんでした。というのも既にQiitaに記事がアップされていたからです。
» Parcelで始めるTensorFlow.js (ブラウザ/Node.js)

本当にこれ通り進めるだけで上手くいきました。ありがとうございます。

TensorFlow自体も触ったことがないのですが、機能が割とよく似ていた印象だったので、
これでいけるとなると取っ付きやすそうで良いですね。

Googleが新たな読み込み速度と売上の関係を示すツールを公開

昨日Googleがmobile Speed ScorecardとImpact Calculatorというツールを公開していました。

Speed Scorecardについて

Speed Scorecardは12ヶ国でスピードを表示できるツールです。
データはChromeのユーザエクスペリエンスレポートに基づいて提供されています。
関係ないですが、この辺り受け取ったデータの使い方がうまいですよね。。
3Gでは5秒以内、4Gだと3秒以内が望ましいようです。

Impact Calculatorについて

一方、Impact Calculatorは読み込み速度と売上の影響を測るツールです。
1秒ロード時間が増すごとにコンバージョンは20%以下落ちるそうで、こんなツールができたようです。
スピードは命だと言われていましたが、参考程度とはいえ見える化できるのは良いことですね。

使い方はどちらも簡単です。まずは使ってみましょう。
優先して測るべきページはトップページやランディングページです。

https://www.thinkwithgoogle.com/feature/mobile/